居酒屋というところは

居酒屋の歴史は長く紀元前18世紀にはすでにあったと言われています。その当時は無償だったのだそうです。有償ですることは下品なこととされていたのだそうです。居酒屋は下層の人々の店として上流階級の人達から侮られていたのでした。

その後居酒屋は娯楽施設となり、飲酒もされ始めたのです。それ以後ヨーロッパ各地でみんなの楽しみの場として発展してきたのです。日本では古事記に記されている8世紀の初め頃には定着していたのだそうです。江戸時代には酒の量り売りをしていた酒屋でそこで居続けて呑むことから居酒と言っていたのです。

近年特に1980年頃から居酒屋のチェーン店化で店が増えてきました。そのため、居酒屋は料金も安く、大人数で集まることも出来て、多少の騒いでも大丈夫となり、料理も飲み物もそれぞれが好きなものを選んで頼めるというメリットが支持を得たのです。そのために、学生や、会社員などのグループで料金も手頃な簡単な宴会をする場所として多く用いられています。基本的に料金が低く抑えられているので気軽に飲んだり食べたりとできるのを特色としている所が多く、男女に関わらず人気となっています。

料理は和食がおおいのですが、中にはあえて差別化をはかり、洋風にしている所もあります。現在では老若男女問わずに多くの人が利用しているのですが、以前は主に男性の人たちの庶民的な付き合いをする場所として存在していました。その頃と同じように赤ちょうちんとか縄のれんなどと呼ぶ人もいます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です