居酒屋メニューは新しい食材との出会い

居酒屋に行く楽しみは、なんといってもメニューの多さです。料理が得意な人は自炊をするため外食をしないこともありますが、たまに居酒屋へ行く時にはメニューをじっくり読み込む人もいるようです。外食産業はメニュー作りには一番のコストと労力を使っています。一つのメニューを作り出すには相当な苦労がありますが、コストが安く、満腹感があり、年齢や世代を考慮して練られたメニューは学ぶべきものが多いようです。

普段はあまり使用しない食材でも、旬である時期には季節のメニューとして並びます。スーパーでも見かける食材であっても、なかなか調理法がわからないため、購入しなかったり素通りをしてしまうことがあるかもしれません。そのような時、居酒屋のメニューでみかけたから、試しに食べてみたら美味しかったから、という理由で食卓に並ぶメニューとして追加することもあるようです。料理が得意な人だからこそ、外食の機会をメニューのレパートリーを増やす絶好のチャンスとしてとらえるそうです。

最近では地産地消を推進している外食産業だけあって、地元の食材を積極的に提供する居酒屋も増えていますから、新しいメニューだけでなく新しい食材に出会うチャンスでもあります。枝豆ひとつとっても、「だだ茶豆」がブームになったのは知名度が低かった「だだ茶豆」を居酒屋で大々的に提供しはじめたことがきっかけともいわれています。新しい食材との出会いを期待できる外食も楽しいものです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です