居酒屋を選ぶ時の基準とは

昨今は居酒屋も価格競争の中心にあり、外食産業の低価格帯をカバーしている印象が強いのですが、本来はどのお店も自分のお店の料理には力を入れていたはずなのです。それが低価格チェーン店の台頭で安さだけを追求する競争になってしまいましたが、今でも食事の質にこだわって探してみると、価格だけでなく満足できる料理のお店も意外な程多く見つかります。居酒屋はその経営方針によってだいぶ個性が違います。大手チェーン店はコストパフォーマンスを追求している事もあり、全店で同じ様なメニューを出せる点が強みであり、逆に平凡なところでもあります。

とはいえ全国どこでも均一化されたサービスを提供できると言う事は凄い事でもあるのですが。一方で、個人経営のお店は規模は小さいながらも、そのお店でしか食べられないメニューや、日替わりで用意してくれるメニューなど個性的なサービスが魅力です。お店がそれほど大きくない場合は満員で入れない事も時にはありますが、このようなお店を好んで通う人は店や従業員の雰囲気で選ぶ方が多いようです。そもそも、居酒屋の魅力は用途に応じてその都度変わってくるとも考えられます。

仕事の打ち上げで大勢で行く場合と一人でゆっくりしたい場合ではそれぞれ求めるものが違いますし、賑やかなお店が必要なときもあるでしょう。大手チェーンだけでなく、個人経営のお店を10個くらいキープしておいて、その時の用途に合わせて選ぶようにしたいものです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です