居酒屋の安いメニュー作りの秘訣

居酒屋はどうして安く料理を提供できるのか、とても不思議に思うかもしれません。大きな理由はチェーン展開をしていることで食材が安く手に入ることです。食材の仕入れをする際に仕入期先の業者と取引をしますが、倉庫が空っぽになるほど食材を買い取れば、その分のスペースができるため、仕入れ業者としてもとても良い取引になります。もちろん、その分の仕入れ値引きもありますから、仕入れる側にとっても安い買い物になります。

これをチェーン店で分配すれば、同じ料理を大量に作り、提供できることになります。もうひとつの理由は、工場や農場との契約です。食材を確実に確保するため、広大な農場と年間契約をしたり、工場で優先的にした処理をした食材を仕入れることができるようにします。食材は天候不順や物価高騰、海外からの市場動向で毎日変動しています。

しかし、安定的な供給をすることで食材の高騰にも耐えられる体力をもち、他社との違いを作ることで顧客の誘導をはかれますから、ひいては売上にも大きく影響することになります。以前、日本の天候不順のため夏物野菜が高騰した時にも、スーパーで野菜が入手できないため、家族そろってサラダバーがある居酒屋に押し寄せたというニュースがありました。普段は居酒屋に行かない家族や、節約のために外食を控えていた人たちも、野菜を食べるために出かけたのです。食材の安定供給はメニューの安定化だけでなく、ここ数年毎年のように不作になる野菜や果物の仕入れ価格を抑えるために重要なのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です