おいしいだけじゃない もつ鍋の魅力

もつ鍋とは牛や豚のもつ部分を用いて調理する鍋料理です。もつとは内臓のことで、かつては劣化しやすく味も好みの別れることからあまり一般的ではありませんでしたが、安価な食材であること、冷凍技術や調理法の発達によりやがて多くの人々に親しまれるようになり、現在ではもつ鍋は特に人気の高いもつ料理となっています。もつ鍋の起源には諸説あり、福岡地方であったり朝鮮半島にルーツのある炭鉱夫達が安価に食すことのできる体力増進料理としてもつ料理を生んでいったのだともされています。当時の方々が経験的にもつには体力を回復する機能があったことを理解していたことを裏付ける証拠として、もつには様々な栄養素が含まれています。

例えば鉄や亜鉛、銅といったミネラル成分が豊富なのですが、これらは汗を流す度に体内から失われ、不足すると疲れの原因ともなります。補うことで疲れにくい体となりますし、ビタミンも豊富で、体の免疫力を高め病気になりにくい効果が得られ、疲労回復にも期待できるのです。健康面に効果があるだけではなく、美容の面でもメリットがあり、亜鉛には髪や爪を美しくする効果がありますし、肌の新陳代謝であるターンオーバーを促してくれるのでシミやくすみといったものにも効果が期待できます。コラーゲンが豊富ですので肌のはりを取り戻し、しわの予防にも効果が期待できるのです。

もつ鍋はおいしく体力を回復できるだけではなく、美容にも効果があるのであらゆる方におすすめできるなべ料理なのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です