風邪のひき始めにはもつ鍋が効果的

ご当地グルメとしても人気だったもつ鍋ですが、現在は全国でも人気です。もつ鍋の特徴は脂肪やタンパク質が豊富に含まれていることで、タンパク質自体は他の食材でも摂取できますが、脂肪分と一緒に摂れることがもつ鍋の魅力です。脂肪分は悪いことばかりではなく、脂肪燃焼の手助けもしてくれるので人間に必要な栄養素です。さらに、タンパク質はコラーゲンの原材料でもあり、貧血や疲労回復などにも期待が持てます。

そのため風邪をひいた時などは食べると元気になれますし、もつ鍋特有の具材であるニラには殺菌作用があるので風邪ウィルスの弱体化につながります。具材としては、キャベツやニラの他に、お店では入っていないところも多いですが、もやしを入れると免疫力を向上させたり、粘膜を強化させたりしてくれるので風邪の早期回復をサポートしてくれます。ただ、作り方がよくわからないという人も少なくありませんが、通販で材料から全て手に入るので活用すると良いです。また、基本的に鍋というのは様々な食材を使用して温かい状態で食べる鍋は、体の中から温まり、栄養補給もできるので優れものです。

鍋を作ることによって、部屋の温度や湿度が上昇するため、空気の乾燥を防ぐことができ、風邪の対策にも役立ちます。空気に潤いができると、ウィルスや最近が活発化して増殖しにくくなります。鍋から出る湯気が風邪で炎症しがちな喉や鼻の粘膜までも乾燥から守ってくれるので一石二鳥です。鹿児島牛の通販のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です