住まい選びで、新築の一戸建てを購入しようと考えた時には、土地選びが重要になってきます。マンション住まいの場合ですと、高さがあるなど、セキュリティ環境がしっかりとしていて安心感がありますが、一戸建ての場合はそうはいきません。また、マンションのように、建物がオシャレなだけでなく、エントランスへのアプローチなど、敷地内の環境も整っていると言うわけではなく、家の玄関ドアを開けたら目の前がすぐに庶民的な飲食店など、生活感があふれる環境で落ち着かない場合もあります。新築の一戸建てですから、見た目の美しさは問題ないとしても、周りの環境に問題があったら、物足りなさを感じてしまうこともあるでしょう。

そこで気にしておきたいのが、分譲住宅地です。これは、街の中にお店などと混じって家があるのではなく、区画整理がきちんとされていて、ある区画の所に集中的に新築の一戸建てが建てられている住宅地のことです。こういった土地を確保する場合、駅の近くと言うのはなかなか難しく、駅から歩いて10分、15分ぐらいかかってしまうこともありますが、その分落ち着いた環境の中で生活することができると言えます。品のない商業施設が視界に入ってくることもありませんし、新築の一戸建てばかりが建っているわけですから、街並みとしてもきれいです。

また、部外者が入ってきにくい雰囲気がありますし、実際に入ってきたら見慣れない人だとすぐにわかるため、セキュリティ的にも良い部分だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です