一般の人にとって、一戸建てを購入するのはかなり勇気がいる買い物です。中古の一戸建てを購入する場合は、すでに建っている家を見学することができ、そこで実際に生活した場合のイメージが湧きやすいですが、一から建てる新築の場合は現物を目にする前に決断しないといけないというリスクがあります。しかし、新築購入者を対象としたモデルハウスの中には、実際にそのモデルハウスを購入して、そのまま住むことができるタイプもあります。注文住宅にこだわりがない場合は、すでに建てられた新築の一戸建てを見学するのもおすすめです。

展示用のモデルハウスの場合は、たくさんの消費者に自社の技術や設備をアピールする目的もあるため、かなり割高な予算で贅沢に設計されている場合が多いため、実際にはレベルを下げた状態の家を購入することになり、展示会で思い描いたイメージとのギャップに失望することもありえます。そのような失敗を回避するためにも展示会用よりも購入できるタイプのモデルハウスの方が見学するときにも参考になりやすく、近々購入を考えている方にはおすすめです。購入タイプのモデルハウスは、通常は人の出入りができないように鍵が閉められており、見学するには随時営業担当者に連絡をすることになります。また、見学するときには、家だけでなく周辺の環境についても確認しておいたほうがよいです。

新築の一戸建てを購入される方の多くが、家の内装や設備に気をとらわれがちですが、実際に一戸建ての購入に失敗した人の理由として、周辺の生活環境の不便さや近隣の人間関係などが多いためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です