新築一戸建ての購入とはいっても、大きくは建売住宅か、注文住宅かという、ふたつの場合に分けられます。建売住宅というのは、すでにハウスメーカーなどの手によって建築された新築一戸建てをまるごと購入するものであり、注文住宅のほうは、適当な土地に施主が指図して一戸建てを新築するものという違いがあります。同じ一戸建てではありますが、それぞれの方法にはメリットとデメリットが両方存在していますので、好みのほうを選ぶのがよいでしょう。まず、建売住宅ですが、すでに現物ができあがっている以上、頭のなかで思い描いたイメージとは違ったという後悔をするおそれがないという大きなメリットがある反面、後から壁紙を変えたり装飾を加えたりといったアレンジをするのが難しいというデメリットがあります。

いっぽうの注文住宅ですが、建売住宅とは違って、設計から作り上げるために自由な外観や内装が選べ、しかも施工業者も固定されないというメリットがある反面、施工後になって思ったイメージとは違っていたり、打ち合わせなどがわずらわしいといったデメリットがあります。価格的には、どちらかといえば注文住宅のほうが高く、建売住宅のほうが安くなるという傾向がありますが、これは土地の価格なども含めたトータルではかならずしもそうとは言い切れない面もありますので、メリットとデメリットを比較検討した上で、価格も加味して慎重に選ぶのが適当であるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です