多くの人にとって、マイホームの購入は一生に一度の取引です。マイホームには、一戸建てとマンション、新築と中古といった区別がありますが、最初に選ぶのは一戸建てとマンション、どちらに住みたいかを決めると有効です。一戸建ての、マンションとの違いは、土地と庭があることや、建物全体が自分のものなので、日常生活に管理規約というルールがなかったり、車を置くスペースがあれば駐車場代が要らない、毎月、管理費や修繕積立金を支払う必要がない点などです。一方、マンションでは、共同生活のルールである管理規約がある代わりに、共有部分の管理費を、区分所有者で分担するため、常駐警備名の充実した管理サービスを、比較的手ごろな費用で享受することができることです。

一戸建てとマンションの違いを考えて、戸建てがいいと思ったら、インターネットの物件検索や不動産会社に物件の紹介を依頼すると、新築と中古の希望を聞かれます。新築のメリットは、まだ使われていないという気持ちのうえの満足感に加えて、住宅の本体を始め、水回りなど、さまざまな部分の保証期間内であること、家具や家電の設置によって目視できなくなっている、いわばブラックボックスがないことと、中古の場合、前の所有者が工夫することで設計図面と異なる場合がありますが、新築ではすべてが図面通りであることなどです。中古を購入して、手入れやリノベーションをする方法もありますが、住んだ後の安心感は新築が有利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です