一戸建てを新築しようと思ったときに、お金がかかるのは当然のことです。これは知っていても、どこでどれくらいお金がかかるのかを知らない人もいると思います。もちろんですが、それぞれによってことなりますが、多くの場合は着手金、中間金などを支払わなければなりません。着手金とは、建築が始まる前に支払うお金です。

新築の一戸建てを建築するためには資材を購入しなければなりませんから、それw先にいくらか渡しておくことが必要とされます。そして、中間金というのはある程度建築が進んだときに支払います。構造部分がすべてできてから支払うというのが一般的ですが、これも契約によって異なります。そして完全に完成してから残りを支払うことになります。

お金のたくさんある人ならいつでも支払うことができると思いますが、住宅ローンを組む場合には注意が必要です。住宅ローンを組む場合、新築の一戸建てが完成してから出ないと融資は実行されません。ですから、着手金や中間金を借りたいという人なら、つなぎ融資を受けなければなりません。住宅ローンを提供してくれる金融機関なら、つなぎ融資も行ってくれると思いますが、別のローンですからもちろん別に契約をしなければならないという点には注意が必要です。

また、決済についてすべて任せてしまうことができるのが理想ですが、途中で手続きが必要になることもありますから、大体の手続きの流れは頭に入れておくべきでしょう。栃木の住宅展示場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です