フローリングは木材でできています。そのため、傷がつきやすい素材でもあります。傷があると見栄えも良くないですし、とても目立ちます。これらの傷を目立たないように補修するのがフローリングの補修です。

フローリングを張り替えるという手段もありますが、全部を張り替えるのは手間もお金もかかります。傷ついた部分だけ張り替える方法もありますが、その部分だけ色合いが変わるなどして、見た目が良くないのが欠点です。そうすると、補修することが一番良い方法でしょう。フローリングの補修は自分で行うこともできます。

ホームセンターなどでは、様々な材料を揃えることができます。へこんだくぼみがある場合は、水を含ませるのが最も手軽な方法です。もっと効果を高めるには湿らせた布を当てて、そこにアイロンなどで熱を加えることで、かなり目立たないようになります。また、くぼみが浅いようでしたら、仕上げ材やウッドパテも効果が期待できます。

細かい傷は床の色にあったウッドパテを使用すると、随分目立たなくなります。このように、自分でも簡単にできますが、あまりにも傷が深かったり、広範囲である場合には専門の業者にお願いするのが安心です。自分で行うよりも代金はかかってしまいますが、仕上がりは断然違います。業者にお願いする場合には、事前によく打ち合わせを行い、自分の希望どおりの施工になるようにしましょう。

リフォームではなく、補修することは、環境にも優しく無駄のない施工方法のひとつといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です