フローリングは木の床材を使用した内装の方法で、見た目の美しさや掃除がしやすいこと、静電気が発生しないなどのメリットがあり、多くの建物で使用されています。しかし、この床材にはデメリットもあり、水に弱いので水拭きをすることは避けなければならないなどの注意点があります。デメリットの中には傷がつきやすいこともありますが、ちょっとした傷や擦り傷ならば、自分の手で補修することも可能です。比較的浅い傷には、ホームセンターなどで手に入るフローリング補修材を使うと簡単に修理出来ます。

そういった補修用の材料ではクレヨン状になっている「かくれん棒」が有名ですが、床の色に合わせたものを塗って傷を目立たなくさせるだけなので手軽に修理が出来るアイテムで、これを使用した後にも普通にワックスがけが出来ることも優れている点です。また、傷を隠すために貼れるテープ状の修理用品や、色々な木製品の傷にも使える「住まいのマニキュア」なども人気の商品です。ところで、自分では修理が難しいほどのフローリングの劣化となると、リフォーム会社などに依頼して補修をしてもらうしかないかもしれません。例えば、水に濡れたままずっと放置していたなどの理由で、床の木材が黒く変色していたり、めくれあがってしまっているなどの場合です。

床の一部分だけならば、めくれている部分だけを取り除いて、似た色の床材を貼るということも出来ますが、自分で修理してもあまり見た目が綺麗に仕上がらない場合が多いようです。フローリングは部分的な貼り替えは難しいと言われているため、ひどい劣化の状態でリフォーム会社に頼む場合は全面貼り替えも視野に入れて工事費用などを考えておいた方が良いでしょう。また、これから新築や改装などで床にフローリングを選ぶ人は、床の傷や汚れを防止するためのフロアコーティングをあらかじめ施しておくと、補修しなければならない場面が減るので便利です。栃木の住宅展示場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です