注文住宅では自分の好みの土地に、自由な設計で住宅を建てることができます。住宅に関しては日本は自然災害が多い国になりますので、大雨や台風による被害を受けることをあらかじめ想定に入れておく必要があります。大雨や台風による水害から住宅を守るためには、水はけの良い土地を選んでおくことがポイントになります。低地や埋立地の場合には、注文住宅を建てたときに水はけが悪くなることが考えられます。

水はけの悪い土地であれば、地盤沈下の影響によって建物の損傷が大きくなることや、腐食やカビが発生する影響で建物そのものの劣化が進行しやすくなる特徴があります。水はけが悪い土地を選んでしまったときには、地震が発生したときに液状化の被害に遭う危険性についても考慮しておかなければなりません。水はけが良いかどうか土地を見て判断するためには、雨の日に現地に訪れてみることがおすすめです。庭に水たまりができやすいときには、透水管を埋めることや土地を入れ替えるなどの対策を講じる必要性が出てきます。

注文住宅の建設をハウスメーカーに依頼する人も多いと言えますが、ハウスメーカーによっては建設を始める前に、地盤調査の結果を見て適切な基礎的仕様を提案することや、不同沈下が起こったときに保証してくれる業者もありますので、そのような保証のシステムを採用しているハウスメーカーであれば安心して依頼しやすくなります。また、万が一の事態に備えて、火災保険や地震保険に加入して身の安全を確保しておく対策もおすすめとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です