注文住宅の依頼先の中でも満足度が高いのが設計事務所ですが、設計事務所の注文住宅には誤解が多いのも事実です。またハウスメーカーでは工期が短い点で設計事務所よりも優位性があると謳うケースもありますし、工務店では設計料をとらないケースや安く施工できる点で割安感を強調しているのが現状です。あくまでも営業戦略の一つとして自社のメリットを強調しているだけですから、営業トークに惑わされず正しい知識を持つことが大切です。設計事務所の注文住宅は工事に長い期間がかかると言われますが、あくまでもユニット式のハウスメーカーと比較した場合の工期であって、設計内容によっては早く完成させることも可能です。

注文住宅はこだわりを表現できるため、既成品を使用しないことが多くなります。フローリングでも既製品を使用した場合には施工時間を短縮できますが、無垢のフローリングでは材料の精度を確認し加工が必要なケースも出てきます。また表面処理がされていないため、オイルやワックスを塗って養生する作業もあります。設計事務所が建てる住宅でも、工業製品である既成品を使用すれば工期の短縮は可能なのです。

設計事務所に依頼すると工事価格が割高になると言われますが、良い材料を使い手作業で加工することが多くなってしまうため結果的に割高になります。工期と同じ考え方になりますが、手間のかからない安い既成品を多用すれば、設計事務所でも安く建てることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です