家を購入するのであれば、出来るだけ子供が小学校に上がるまでにしておきたいと思うものです。小学校に入ってから購入すると、校区が違えば他の小学校に転校しなくてはならなくなってしまいます。それではせっかく出来た友達とも別れなくてはならないのです。子供はすぐに新しい友達を作るものではありますが、出来るだけ転校しなくてもいいようにしてあげたいものではあります。

そこで家を購入する場合には、自分の思いを取り入れた家にしていきたいと思う事でしょう。その場合には、注文住宅によって家を建てることを考えたほうが希望に近い家にすることが出来るようになります。こだわる部分は人それぞれですので、自分なりのこだわりを持っているのであれば、建売住宅よりも注文住宅の方がいいのです。一から自分たちで考えていくことが出来るようになりますので、こだわりを沢山取り入れることが出来ます。

しかし自分たちのこだわりを取り入れることが出来るというのは注文住宅のメリットでもありますが、デメリットでもあります。こだわる部分が多すぎることによって、なかなか話が前に進まなくなってしまうのです。そうなると着工までにもとても時間がかかるようになり、、着工してからも複雑な工事となると余計に時間がかかってしまうことになるのです。そんな風に時間をかけすぎてしまうと、小学校入学までに間に合わないという事なのであれば、建売住宅を購入するようにしておくtピイでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です