ハウスメーカーといえば一般的には注文住宅とは言えないケースが多いと言えますが、中には完全な注文設計に対応するハウスメーカーもあります。軽量鉄骨を使用したハウスメーカーの場合は規格の統一化が図られているため、モデルプランが決められているのが基本となります。もちろんモデルプランではなく自由設計で建てることも可能ですが、規格外品を使用することでコストが割高になってしまうのが特徴です。注文住宅とは言えない面が多い軽量鉄骨造の住宅ですが、ハウスメーカーといっても在来工法を採用している場合には自由設計で建てられることになります。

ハウスメーカーで木造注文住宅を建てる際には、メーカーの特性を把握しておくことが大切です。軽量鉄骨造と同じでモデルプランを用意しているメーカーは、規格の統一によりコスト管理を行っているため、自由設計では割高になってしまいます。工務店や設計事務所のように完全自由設計に対応しているハウスメーカーでは、希望通りのプランで新築することが可能です。ハウスメーカーによって異なる部分ですから、依頼先を決める際には営業内容の確認が必要です。

木造でもハウスメーカーには木質パネル工法やユニット工法を採用している場合がありますが、その場合には在来工法のような自由度の高さはなくなってしまいます。ハウスメーカーと行っても業者によって内容が異なるため、希望を実現できるか確認してから選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です