夜行バスで東京に行くメリット

夜行バスで東京に行くメリットは、なんといっても料金が格安ですませられることです。

新幹線を使った場合の半分以下のコストで東京まで行くことができます。東京と大阪を往復する場合、新幹線を使ったら3万円近くの料金となります。夜行バスなら片道で2、000円~6、000円程度です。閑散期は2、000円程度の格安料金となっていることもあります。

繁忙期は安くても5、000円程度になりますので、なるべく閑散期を選びたいですね。交通費を節約できるということは、ういた分のお金を現地での遊びに使うことができるということです。また、新幹線で行く場合には、1日はホテルに泊まらなくてはならないでしょう。前日に移動してホテルに宿泊、翌日に朝からおもいっきり遊ぶというプランを立てる人が多いと思われます。

夜行バスならホテル代の節約にもなります。逆にデメリットとしては、体への負担です。寝心地はお世辞にも良いとはいえず、ぐっすりと熟睡することはほぼ無理でしょう。運転手の腕にもよりますが、まったく揺れないということは不可能なので、ときどき振動で目を覚まします。隣や前後にどんな人が座るのかわからないことも不安な部分です。女性の隣には必ず女性が座るようになっていますので、一定の安心はあります。まとめると、コスト面では大きなメリットがありますが、疲れが残った状態で翌日を迎えてしまうというデメリットもあります。若くて元気な人、体力に自信がある人は夜行バスを利用するのもよいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *