朝発日帰りスキーのメリットとデメリット

冬の季節、ゲレンデはスキーやスノーボードで滑る人で賑わっています。

スキーに関するツアーも旅行代理店で組まれており、手ぶらでもスキーを楽しめるオプションなども充実していることから利用者も多いです。日帰りスキーは、その日の早朝に指定の駅まで行き、ツアーバスに乗ってゲレンデに向かいます。そして夕方にツアーバスに乗り込み、当日の夜に帰宅することができるプランです。

朝発日帰りスキーのメリットは、前日夜発よりも家で落ち着いて睡眠をとれる点にあります。そのため当日寝不足でスキーを満喫できない、あるいは翌日の仕事への影響は非常に小さく抑えることができます。また、朝発の日帰りスキーは出発地が比較的多く用意されているのもメリットといえるでしょう。特に、シーズン中に何度も楽しむという場合は、余計な移動距離による手間を省ける朝発がおすすめとされています。そして、新幹線ツアーや他のツアーなどよりも安価で参加できる点が最も大きなメリットといえます。

一方で日帰りスキーにもデメリットはあります。ひとつは、集合時間が決められており、終始自分の思ったように行動できない点にあります。もう少し滑りたいと思っていても、時間通りにバスの前に集合しなければ他のツアー参加者に迷惑をかけてしまいます。もうひとつは、移動手段がバスの日帰りツアーの場合、往路または復路ともに渋滞にまきこまれる可能性があるという点です。朝の渋滞にまきこまれると、滑る時間がその分短縮されてしまう恐れがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *