美白のメカニズムに迫ろう

ちまたではいかに美白を実現するかという女性が優れた化粧品などを求め奔走していますけれど、肌の白さを手に入れるためのメカニズムについて考えたり理解したりしている方は少数派であります。

ここではそのメカニズムについてわかりやすく解説してみたいと思います。さて白い肌と言えば白人、日に焼けたたくましい肌と言えば黒人、そしてその中間に位置する黄色人種に分類されているのが我々日本人です。肌の色に違いが見られるのは気候の違いだけではなく元々のお肌の構造が異なるためです。

肌が日に焼けて黒く変化するという現象はメラニンという物質が生成されることで、外部の紫外線からダメージを受けにくくする防衛機能のような働きです。つまりメラニンが生成されない、あるいはされにくいという環境ならば美白は実現されていくのです。白人はコーカソイドと呼ばれる人種ですが祖先が寒い地域でも耐えられるように特化して進化したため紫外線に対してとても弱く、メラニンを生成し防御することができない肌質です。

我々はちょうど中間ですから日に焼けると真っ赤になって元に戻るような白人寄りの肌質の方から、健康的にこんがりと黒くなる方まで幅があります。その違いはメラニンが生成される肌質であるか否かの違いというわけです。美白を目指したいならばこのメカニズムを理解した上で、いかに紫外線を受けないかということや、メラニンを生成させないようにするかという点に注力する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *