美肌を手に入れるには美白のメカニズムを知ろう

美白のメカニズムをご存知でしょうか。

肌が白くなることが美白と思われがちですが、実は肌を白くするという意味より、白い肌を目指すという意味の方が正しいのです。これは美白のメカニズムを知るともっと明白になります。私たちヒトの肌は太陽の光、つまり紫外線を浴びると肌が黒くなります。黒く見えるのはメラニンという物質が生成されることが原因なのです。メラニンが作られることで肌が黒くなり、肌の奥までのダメージを軽減しようという働きが体の中で起こっているのです。このメラニンを生成するいわば司令塔の役割を持つのがメラノサイトと呼ばれるものです。

紫外線を浴びるとメラノサイトが活性化しメラニンを作るように身体に指示をだす仕組みになっています。美白というのはこのメラニンの生成を抑制したり、メラノサイトの指令を阻害したりすることで、いわば肌が黒くなることを防止し白い肌を目指すという意味になるのです。またすでに作られてしまったメラニンを時間をかけて排出するよう、新陳代謝を促進したり、黒いメラニンの色を薄くするような効果があったりする意味も含まれています。

誤解されがちなのは美白はもともとの肌よりもさらに白くできると思われたり、しみなどを薄くできる効果があると思われがちですが、実際は肌そのものを白くしたり、できてしまったしみを消すという効果はあまりありません。メカニズムをきちんと知ることで、自分に合った肌ケアを選ぶことができ、日常の紫外線予防の重要性も気づくことができるので美肌にさらに近づけます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *