リシャフトしたゴルフクラブの方が飛ぶ場合もあります

ゴルフクラブは、グリップ、シャフト、ヘッドが一体となって販売されているのが普通です。

ところが、ゴルフクラブとプレイヤーの相性は、グリップ、シャフト、ヘッドそれぞれに対して存在します。グリップの相性が良くて、握ったときに手にしっくりなじむのに、上手く芯を食わないといった悩みや、ヘッドは自分の合っていてボールに当て易いのだけど、シャフトがやわらかくてスライスになってしまうなんていうことは良く有ることです。ほとんどの方は、リシャフトということを知らないので、自分のスイングをクラブに合わせようとしますが、スイングはそれぞれの方のリズムがあるので、あまり大きく変更すると調子を崩してしまいます。

そこで、ゴルフクラブのシャフトを交換するリシャフトで、自分のスイングに合ったクラブへ生まれ変わらせると言う方法が注目されています。シャフトを選ぶ際は、シャフトの重さ、シャフトの硬さとねじれトルク、シャフトの種類が大きなポイントになります。シャフトの重さは、振ることが出来る最大の重量がベストです。振ってる内に重さにもなれてくるので、少し重いと感じるくらいがちょうど良いです。

一方で、シャフトの硬さは、個人の好みによるところが大きいですが、硬めのものはトルクが小さい変わりに力強いスイングにもぶれないメリットがあり、やわらかめのものはトルクが大きくゆったり振るとしなりの力で飛ばしてくれるメリットがあります。そして、シャフトの種類は、手元と先端の硬さの分布になります。ためをつくらないタイプの方は手元の柔らかい種類が合ってます。一方、ためを作るタイプの方は手元が硬い種類が合います。それぞれの項目が自分にあったシャフトにリシャフトすると、これまでとは一味違った弾道を描くことが出来るようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *