ゴルフクラブのヘッドは重要な部分です

ゴルフクラブのボールを打つ部分のことをヘッドと言います。

ゴルフとはこのクラブヘッドでボールを打つスポーツであり、これ以外の箇所で打つと反則となり2打罰となってしまいます。ゴルフクラブのヘッドはボールを打つ箇所であるフェース、上側をクラウン、下側をソール、先端部分をトゥー、シャフト方向をヒール、そのシャフトが刺さっている箇所をネックと呼んでいます。クラブヘッドはそれぞれ形やサイズが異なり、性能や使い心地も変わります。

大きなものが構えた際にジャストフィットする場合もあれば、小さなものの方が操作しやすいと感じる場合もあり、手にとって使ってみるまではわかりません。ゴルフというスポーツにおいては精神面による影響がプレーに出やすいので、スイングに影響を与えないためにも自分に合ったクラブを選ぶ必要があります。ゴルフを扱った媒体などでよく目にするであろう言葉に「ヘッドの慣性モーメント」があります。

これは回転のしにくさを一言に表したもので、大きければ大きいほど回転もしやすいことになります。慣性モーメントは体積や素材の影響を強く受けるため、基本的には体積の大きさと比例して慣性モーメントも大きくなるわけです。ゴルフクラブを選ぶ際には、そういったことを踏まえて慎重に決断することが求められるでしょう。自分に合わないゴルフクラブを使っていてもスイングが上達することは難しく、プレーそのものを楽しむ余裕も生まれません。
ゴルフ宿泊パックのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *