ツアーコンダクターの資格について

旅行会社が全国各地で開催しているパッケージツアーには、たいていはそのすべての行程につきそう添乗員、いわゆるツアーコンダクターが付いているものです。

このツアーコンダクターですが、参加者の案内をしたり、ホテルの団体としてのチェックインや観光施設での料金の支払いなどといった、さまざまな裏方の業務を行い、旅行を円滑にすすめることを役割としている人のことです。ツアーコンダクターには、はじめから旅行会社に職員として採用されている人もあれば、専門の会社から旅行があるたびごとに派遣されてくる人の、両方のタイプがありますが、基本的な役目はまったくいっしょです。

このツアーコンダクターとなるためには、ある一定の添乗経験を積んだ上で、旅程管理主任者とよばれる資格をとることが必要となってきます。これには国内旅程管理主任者と総合旅程管理主任者という種類にわけられていて、前者の国内旅程管理主任者については、国内旅行であれば添乗可能ですが、さらに国外の旅行にも添乗するためには、後者の総合旅程管理主任者のほうの資格もとらなければならないことになっています。

なお、名称が似ている資格として、旅行業務取扱管理者というものもありますが、こちらは顧客との旅行取引における責任者として、それぞれの営業所に置かれる人のことであり、実務経験などは要件とはなっていないのに対して、旅程管理主任者では、一定の実務経験などの要件が加わっているというのが特徴です。

神戸のかにツアーに参加するならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *